合気・悟り・癒しへの近道 マッハゴーグルが世界を変える

合気・悟り・癒しへの近道

マッハゴーグルが世界を変える

 

保江邦夫、理論物理学者

 

先日、【神と人をつなぐ宇宙の大法則 (理論物理学vs仏教哲学)】を読み、素領域について非常に感動してしまいました。同時に購入したこの本、【合気・悟り・癒しへの近道 マッハゴーグルが世界を変える(海鳴社)】も一気に読みました。この本も、素領域理論の延長線上にあるもので、実践編とでもいえるものです。

 

合気・悟り・癒しへの近道 マッハゴーグルが世界を変える(海鳴社)】

 

以下は表紙カバーに書いてある宣伝からの引用です。

表紙のカバー:

【この本は、一言でいえば「誰でもが短時間で、合気の達人になれる・・・・・そんな技法の発見譚」である。

つまり、か弱い女性でも、大の男を合気の達人同様に倒すことができるのであるから、前代未聞のすごい出来事である。

しかし、それだけではない! 引きこもっている人たちの癒しになるデータも集まりつつある。

さらに、それだけではない!

「悟り」などの世界へいざなう入口にある可能性も・・・・まさに人類を進化させる可能性すら考えられる!】

 

本ブログ筆者は、合気道や柔道とは全く縁がない存在ですが、保江博士の「愛魂」という本で、その内容に魅かれて、この関連本も読んでいます。この本はその最新版ですが、内容が素晴らしいです。
特に以前読んだ「合気開眼 ある隠遁者の教え」という本、キリストの活人術を今に伝えるもので、合気<=>愛魂であり、その奥義に物心両面から迫った内容です。合気道というより、相対する相手に対して「世界平和」や「愛」を感じて自在に操るという手法です。保江博士のこのようなアプローチが非常に新鮮でした。それ以来、合気関係(愛魂関係)について、関心を持ちました。

 

今回の本で、マッハという言葉が出ますが、超音速スピードの「マッハ数」でも知られているオーストリアの物理学者エルンスト・マッハの名前に由来するものです。保江博士が「マッハの原理」から「マッハゴーグル(眼鏡)」と命名して、このゴーグルを掛けると、初心者、上級者、年齢に関わらず、合気の達人に成れる、ということです。

 

早速、「マッハゴーグル」に使用するトイレットペーパーの芯を二つ用意して、自分の両目に当てて視野を分離しました。約5分で、後頭部の血の巡りが増大して変な感じになります。もしかして、右脳と左脳が繋がり太くなったのかもしれません。
保江博士の言葉通りに「愛の世界に入る」、「自分の内なる空間と外の空間が繋がる」、「運が良くなる」などの言葉を思い出しつつ、20分間ぐらい瞑想のようにじっとしていました。このセッションを毎日、時間があれば作るようにしています。

ただ、常にトイレットペーパー芯をもって歩くわけにはいかないので、両手を合わせてお祈りのような形で、自分の鼻の上に持ってきて左右の視野が分れるようなポーズを取ります。それをしばらく続けることで、瞑想の状態を作ります。これは、結構うまくいきます。

 

この本では、合気の達人に成ること以上に、他の分野への応用の可能性を示唆しています。そして、このような非常に奇跡的な成果を例の「素領域」理論で説明されていることが素晴らしいです。

 

「マッハゴーグル」を使って自分でも色々と実験してみようと考えています。

「神と人をつなぐ宇宙の大法則」 何度でも読みたくなる本

「神と人をつなぐ宇宙の大法則

三回読んでもまた読みたくなる本

fujisan006

富士山

 

この本は、既に三回ほど読みましだが、また読みたくなる本です。実は何回読んでも、その度に感じること、気づき、連想する事象が異なるのが面白いのです。

 

「神と人をつなぐ宇宙の大法則」(マキノ出版)

 

この本は、理論物理学者の保江邦夫(ノートルダム清心女子大学大学院教授)と仏教哲学者の稲葉耶季(やすえ)(元名は地方裁判所判事、元琉球大学法文学部教授)との対談本だが、理論物理学に全く関係ない我々でもよくわかるような対談・解説本です。

 

特に保江邦夫教授の本は以前から読んでいて、非常に面白く為になります。というのは、本ブログ筆者は、以前からUFO,心霊現象、宗教、精神科学などに興味を持ち、その関連本を多数読んでいましたので、理論物理学者の保江教授が、このような分野に関連した事象を解説したり、体験したりした本を出版されていて、しかもその内容が納得いくもので、面白いのです。

 

今回のこの本は、宇宙の成り立ち、瞬間移動、超常現象や霊魂、波動、モンロー研究所のヘミシング、死後の世界、湯川秀樹博士と岡潔博士、素領域理論などについての解説です。

 

特に、素領域理論で、「愛」、「愛情」、「神」、「サムシンググレート」、「大我」などについての解説のところは、何度読んでも心に浸透する内容です。

 

「神」や「愛」はすべてに宿り、結局、「我」、「自我」を取り除かない限り「天国には入れない」ということらしいのです。

 

子供のように無邪気になり、無心になることが、安らかに天国に召されること、悟ること、浄土に辿り着くことらしいのです。

 

この「愛」や「愛情」については、湯川博士や岡潔博士が、喝破しておられます。その世界に到達すれば、あの中間子理論、数学の変数理論が映像のように湧いて出たのだそうです。

また、「愛」や「愛情」については、本ブログ筆者が非常に素晴らしいと思っているロシアの本、著者ウラジミール・メグレRinging Cedar of Russia「ロシアの鳴動する杉」(日本語の本で「リンギングシダ―」アナスタシア)の全十巻に出てくる壮大なテーマと同じだと思います。

 

ちなみに、このロシアの本は、人類が体験した様々な歴史、特にロシアを取り巻く歴史、や創造主の産物である自然、創造主の子供である人間、人間と宇宙、闇の勢力と神官、地球や人類を救済する方法などの壮大な物語です。

 

その根底は常に「愛」や「愛情」、すなわち「神」、「サムシンググレート」があり、その様々な表現の形を物語っている内容です。

 

さて、今回の保江邦夫博士と稲葉耶季先生の対談本、

 

「神と人をつなぐ宇宙の大法則」(マキノ出版)

は、「愛」や「愛情」が現代社会で様々な形で表現されていることについての科学的な解説、と考えられるのではないでしょうか。

 

是非、ご一読下さるようお願いします。